未分類

今メディアで話題!この冬ぜったい食べたい牡蠣の魅力を徹底解説!

投稿日:2016年12月5日 更新日:

[PR]


冬の到来です。外は寒いですよね?そんな時期にぴったりの食べ物と言えば「牡蠣」です。

この時期の牡蠣はグリコーゲンの含有量がMAXで最もおいしいと言われています。

 

その牡蠣の魅力を徹底分析していきたいと思います。

1 牡蠣とはどんな食材なのでしょうか?


牡蠣は古来から人類が食用にしてきた歴史のある食材です。古くはローマ時代にさかのぼります。

ローマでは、牡蠣の養殖まで行われていました。ナポレオンやビスマルクが牡蠣の愛好家であったことは有名です。

 

日本でも牡蠣の歴史は古く、縄文時代の貝塚から牡蠣の化石が発掘されています。このように牡蠣は人類にとって欠かせない食材なのです。

牡蠣は海の岩から「かきおとす」ことからその名前が付けられました。その名前の通り、たいていは岩や他の貝の殻など硬質の基盤に着生しています。

 

日本での生産量はダントツで広島県が1位です。そのあとに宮城県と続いていきます。

広島の牡蠣は身が大ぶりで食べごたえがあります。

宮城の牡蠣は身が小ぶりで柔らかいため、「生」で食べるのに向いています。

 

他にも海が綺麗な地区で牡蠣の生産が盛んにおこなわれています。

九州の牡蠣は波が荒いところで養殖されているため、身が引き締まっていて食べごたえがあると評判です。

2 牡蠣の栄養素~海の「ミルク」と言われる牡蠣の栄養素は?

牡蠣は低脂肪高タンパクの食材です。

そのうえ、以下の栄養素がすべて入っています。まさに「海のミルク」と言われる所以です。

・アミノ酸(18種)
・ビタミン(A・B1・B2・C)
・亜鉛
・鉄
・カルシウム
・グリコーゲン
・タウリン

牡蠣はすべての食材中№1の亜鉛の含有量を誇ります。

亜鉛不足(味覚障害などが起こる)の時にはぜひ牡蠣を召し上がってください。

 

サプリメントなどで摂取するよりも、良質の亜鉛が摂取できます。

その場合、牡蠣にレモンを振りかけるのがオススメです。ビタミンCは亜鉛の吸収を促進してくれる働きがあります。

 

疲れを感じるときがありませんか?特に年末年始で疲れが貯まり

やすい季節です。そんな時におすすめなのも牡蠣です。グリコーゲン&タウリンのW疲労回復パワーで疲れを吹き飛ばしてしまいましょう!

3 美味しい食べ方

牡蠣は焼いても、揚げても、煮ても、何をしても美味しい万能の食材です。

旬の今、牡蠣のおいしさを堪能いただけるメニューのご紹介です。

① フライ

牡蠣の定番メニューです。ひと工夫加えて、サクサク揚げたてのカキフライをご賞味ください。

ⅰ ボールに水を入れ、塩を大さじ1杯入れ牡蠣をよく洗います。そのあと、沸騰したお湯に5秒間入れて、即取り出します。
ⅱ キッチンペーパで牡蠣の水分をとります。
ⅲ あとは衣をつけて揚げれば出来上がりです。このときに「生パン粉」を使うとより上質なサクサク感が楽しめます。

② 鍋

代表的な鍋は広島名物の牡蠣の土手鍋ですが、

今回はもっと手軽に作れる牡蠣の鍋料理を御紹介したいと思います。

 

簡単で豪華!牡蠣のしゃぶしゃぶ

鍋に鈴をいれて、沸騰させる。沸騰したら、豆腐・牡蠣・水菜を入れて、ひと煮立ちしたら出来上がり。ポン酢につけて召しあげれ~♪

③ 炊き込みご飯

材料 (2合分)
お米2合
牡蠣一袋(160g)
生姜 (新生姜) 40g
・だし汁 150㏄ <200㏄>
・醤油大さじ2 <大さじ3>
・酒大さじ1 <大さじ1.5>
・みりん 大さじ1 <大さじ1.5>

作り方は簡単です。合わせ調味料が沸騰したら、牡蠣と生姜を入れて3~4分煮ます。

 

そのあと汁を炊飯器に入れて、水の量を2合の目盛りに合わせて炊きます。

炊き上がったら、具を合わせて出来上がりです。

 

牡蠣を一緒に炊いてしまうと、「プリプリ」の食感が損なわれます。後で混ぜるのがポイントです。

4 旬の牡蠣をお得に食べるには~食べ放題VS通販コスパ最強決戦!

旬の牡蠣をたっぷり食べたい。そんな場合何が頭に浮かびますか?「食べ放題」ではないでしょうか?
牡蠣大好き一家の我が家でも当然一番先にひらめいたのが「食べ放題」です。

しかし、ネットで情報を集めていくうちに「実は通販がお得じゃないの?」と考えるようになりました。

 

以下、その具体的な比較を書いてみたいと思います。

 

① 食べ放題
料金は大人2000円からで時間は45~60分と大変短い設定のところが多いです(牡蠣は焼けるまで時間がかかります)。
店によっては「セルフサービス」が多いところもあり、

「加熱不足による体調不良は自己責任!」などと張ってあるところまであります。

 

牡蠣が焼けるまでの時間がわからない牡蠣焼き初心者では、

「もと」をとるのは難しいかもしれません。
しかも、牡蠣飯や牡蠣フライなどのメニューが「オプション」である場合もあ多く、

実際のところ「2000円」の最低料金では、存分に牡蠣を楽しめない場合が多いです。

 

また子供料金が高く、大人の半額は取られます。

小学校の低学年では、この価格設定はあまりにも「酷」な感じが否めません。
しかも、人気店のため休日には長い行列ができます。
牡蠣のシーズンは「冬」です。寒い季節に外で待つのも大変です。

 

コスト(大人2人、子ども2人の場合)
・食べ放題料金 6000円
・オプション料金(かきめしとかき汁を全員分とレモン2個) 2600円
合計  8600円 (ドリンクはなし)

② 通販

下記の通販サイトでは、九州産の良質な牡蠣である「うみぼたん」を取り扱っています。

 

しかも、お値段がお手頃なのです!2㎏(およそ20個入り)で5500円(@275円)。

おすすめの5㎏(およそ50個入り)は8500円です(@170円)。しかも送料も無料とお得になっています。
ここで「アレ?」と何かひらめくものはありませんか?食べ放題の料金と同じなのです。

 

しかも食べ放題で食べる平均は大人が13個(時間制限がキツイ)となっています。

通販なら、倍の量をゆっくり食べることができます。どう考えてもコスパ的に通販がお得なのです。

 

しかも、自宅でゆっくり食べることができる上に、メニューも選び放題です。

時間制限がないため、パパもゆっくりお酒を楽しみながら、牡蠣を味わえますね。

 

http://fullmai-marche.jp/lp/sanzui/umibotan/

 

5 旬の牡蠣をゆったりとご自宅で味わってみませんか?

九州の綺麗な海でとれた「うみぼたん」。産地直送、新鮮でおいしい牡蠣を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

牡蠣は今が旬です!大事な方へのお歳暮としても、喜ばれることでしょう。

送料は無料なので、気軽に注文することができますよね?

 

実際に食べ放題に行くよりもコスパもよい上に、ズランド牡蠣である「うみぼたん」が満喫できます!

当然時間制限もありません。寒い冬に美味しい牡蠣をご自宅でゆっくりと召し上がってみてはいかがでしょうか。

 

[PR]株式会社アンサーチ

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

新感覚!「シルクスイート」ってなに?~はまる人が続出している理由

出典:https://pixabay.com/ 今までにない新感覚の「シルクスイート」をご存知でしょうか?このシルクスイートはサツマイモの一種です。 しかし、ただのサツマ芋ではありません。なんと、あの …

no image

実は吸収されてない美容成分!?ハリツヤ肌には意外な〇〇が最高!ボロボロ肌からハリツヤ肌になれた秘密を公開!

あなたは自分の肌のハリやツヤに自信がありますか? ケアを頑張ってもなかなか満足する事ができない?そんな方は多いのではないでしょうか? まず、肌のハリとツヤに一番大切な成分をご存知でしょうか? それはコ …

no image

ポンカンは食のエンターテイナー♪~ポンカンをMAX使ってグルメを満喫

出典:https://prcm.jp/ 低カロリーで栄養価が高いポンカンは冬のお助けフルーツです。   旬のポンカンを使って、ワンランク上のオシャレなグルメを満喫してみませんか? &nbsp …

みかんオタク歴13年、本当は誰にも教えたくない 毎年売り切れ続出する、最強にうまいみかんを紹介します!

[PR] 現在、みかんの販売は終了したようです!ポンカンを販売中で、こちらもおすすめです♪   初めまして! みかんオタクの望月エリカです! 今回、みかんオタクの活動が知り合いの編集長の目に …

no image

じゅわーっと蜜が出てくるさつまいも!?蜜芋ってなんだ!

どうも!ライターの宮下です 皆さんは「蜜芋」って言葉聞いたことはありますか? 蜜芋っていうと、ハチミツのようにとろ〜り甘いイメージですよね まさにその通り!!!w 蜜芋の中には安納芋をはじめとする、 …